初診のみ
WEB予約
電話予約
初診のみ
WEB予約

コラム

症例CASE

精密根管治療とセラミックスクラウン治療

治療内容

主訴左上が痛い
症状・診断名左上4番目の歯の虫歯が歯の神経まで達しており、根管治療から被せ物(クラウン)が必要となった症例
年齢(初診時)・性別30代男性
治療期間来院回数:4回(応急処置とカウンセリング1回、治療開始から3回)
治療期間:1ヶ月
治療費(税別)精密根管治療44,000円 + セラミックスクラウン 155,100円(土台・型取り・仮歯含む)
想定されるリスク セラミックスクラウンのメリット:
・色の再現性が高い
・変色しない
・強固な接着剤を使用できるため再治療になりづらい

セラミックスクラウンのデメリット:
・かみ合わせをしっかり確認しないと割れることがある(当院では保証期間を設けています)
・自由診療で保険が効かない

治療内容の解説

治療内容精密根管治療審美補綴治療についての詳細はリンク先を御覧ください。
 

症例

  • 症状・診断名

  • 条件で絞り込み